--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ このエントリーを含むはてなブックマーク
2013年04月24日

われわれきかくライト版で復帰予定

元々、フランス旅行の感想を書こう、と考えたことから始めたブログでしたが、
肝心の感想を書くところまでいかないばかりか、放置状態となっておりました。

そうこうしているうちに、スペイン旅行に行って来たり、日本全国車旅行もあと4県を残すだけになったりと、
国内に関しては、めぼしい観光地は行きつくした感があるところまできてしまいました。

一部、前の旅行を振り返りながら、もうちょっと気軽な内容で更新再開してみたいなと考える今日この頃です。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ このエントリーを含むはてなブックマーク

スレッドテーマ:今日のつぶやき:日記

2010年07月26日

土浦八坂祇園祭禮@土浦市

2010年7月23日(金)から25日(日)の3日間、土浦市内の駅前からの中央大通り沿いにて「土浦八坂祇園祭禮」が開催されました。
土浦の祇園祭では川口町のガード下に八坂神社の御仮殿が設置され、そこを目指して市内の巡幸が行われます。
7月24日(土)は、19時から町内の山車が揃う競演がありました。
ヨーカドー前で出発を待つ山車の様子 大和町の山車

山車巡幸はその年の当番町が担当することになっており、今年は城北町・東崎町・川口町・大和町の4町の山車が出ました。これに神輿1基が加わりました。
19時、20時、21時と3部に分かれて競演が実施されたうち、21時の最終回の様子です。
中央大通りは車両通行止め 列前方には天狗

イトーヨーカドー土浦店横がアナウンスもある本部のようです。競演ではここから山車が出発します。
勿論車両は通行止め。車での来訪は注意。
20時半も過ぎた時間だったためか、そこまで混雑した様子はありませんでした。
川口町の山車の狐 こちらはひょっとこ

大和町の山車の人形は日本武尊。
川口町の人形は神武天皇。
城北町と東崎町は人形が乗らず、獅子になっています。
山車前につく獅子 同一町でも入れ替わります

御借殿前での宮入の様子。
掛け声とともに神輿を担ぐさまに、4台の山車もそろい踏み。
里神楽翁会の演奏 御借殿前の宮入の様子

競演の区間が短いためか、近隣店舗が店前で食べ物販売を行う他に屋台などは出ません。
地元のひとが楽しむ祭りの性格が強いためか、想像していたよりも観光客が少ない印象でした。
4つに分かれた当番町の山車をすべて見るには、4回通わないといけません。
他のイベントなどで、もっと多くの山車が揃うことがあるようですので、そういう機会を狙って訪れてみるのもいいですね。
山車の方向転換中

ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ このエントリーを含むはてなブックマーク

スレッドテーマ:お祭り&行事:地域情報

2010年07月23日

イオンレイクタウンのヴィレッジヴァンガードダイナー@越谷市

2008年にオープンした国内最大のショッピングセンター「イオンレイクタウン」。
新たに出来た越谷レイクタウン駅と隣接し、総面積約26万平方メートル、売り場面積役22万平方メートルと、その規模で話題となりました。
そろそろ話題も一段落しただろうということで、行ってみることに。

店内はアメリカのダイナーのイメージ ヴィレッジヴァンガードダイナーイオンレイクタウン
イオンレイクタウンには、一風変わった雑貨と店づくりで人気のヴィレッジヴァンガードのダイナーが入っています。
アメリカのダイナーをイメージした店内で、ハンバーガーを中心とする料理や有名な海外ビールが楽しめる店です。
この日は1,100円のバーガーのランチのセットを注文。バーガーにポテト、サラダ、ドリンクがついてきます。
バーガーは、ペッパー&チェダーメルトバーガーと、アボカドとサルサが入ったバーガーをセレクト。
皿の上にどーんと、巨大サイズのバーガーが乗ってきました。
アメリカで食べたハンバーガーの店のような感じで、これに自分でケチャップやマスタードで味付けし、テーブルにある紙に自分で包んで食べます。
最初から味はついているので、その辺りはお好みで。
肉の食感がしっかりとしてジューシー。紙に包んでつぶすとべちゃべちゃになりますが、それを豪快にいただきましょう。
あふれるばかりのサルサとアボカド ペッパー&チェダーメルトバーガー

チーズはメルトの名の通り、とろけていくらでも延びます。荒く砕いたペッパーが辛いくらい。
アボガドのほうもたっぷり入って、ピリ辛のサルサソースが良く合い、外れ無しの定番の美味しさでした。
ポテトとサラダは付け合せ程度の量ですが、ランチセットとしてまとまっている印象でした。このセットなら1,000円出して食べる価値のあるハンバーガーです。
他にもロコモコなどもあり、写真の上手さもあってとても美味しそうでした。
紙に包んで、豪快にがぶりと その他単品メニューも

海外のファーストフードは気取らず食べられ店がいいですね。
ハンバーガーもそうだし、ヴィネガーでべちゃべちゃにしたフィッシュ&チップスとか、かぶりつけるパニーニとか。
水戸近辺には無いテイストの店でしたので、出店すれば固定ファンが付きそうな店でした。
ただ、ランチセットでなければ、今回注文したバーガー単品で1,000円を超えますので、行くならランチタイムになりそうです。

越谷レイクタウン駅広場 MORIはいかにもイオンというつくり
さて、肝心のレイクタウンそのものですが、今回は見ただけで終了でした。
ショッピングモールのエリアは、駅に近い「KAZE」と、イオンに隣接する「MORI」の2つに分かれています。
建物から見ると湖のほとりにある、というのは全く分かりませんでした。
MORIに関しては、3回まで中央が吹き抜けとなった、水戸内原店の各店舗を大きくしたような印象です。KAZEは上はレストラン街が中心。
茨城県内でおなじみのポイント、メイプルファームもテナントにあります。
ざっと見た感想として、大きなイオン水戸内原店、でした。それにイイアスつくばやひたちなかファッションクルーズ、ジャスコ土浦店のテナントを足せば、似たような構成になります。
何が言いたいかというと、買い物のためだけなら行く必要はなかった、ということで。
話題の施設ですので、一度見られたのは良かったかな。周辺は造成段階ですので、今後更に商業施設が増えそうです。
こちらはKAZE 牛たんの利休も出店していました

ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ このエントリーを含むはてなブックマーク

スレッドテーマ:Lunch♪:グルメ

2010年07月22日

土用の丑前に東條のうなぎ@水戸市

土用の丑の日の前に、「土曜」の鰻をしてこようということで、水戸市下市にある東條に行ってきました。
昨年、土用の丑の夜に行こうとしたら、昼で鰻が売切れてしまい営業終了していたので再チャレンジです。
12時過ぎに店に着くと、丁度満席になったところ。30分ほど待つというので、下市散策をして順番を待つことに。
鰻の東條。右手と裏が駐車場

店内は入口にカウンター席が6席ほどと、左手と奥に座敷席があります。
メニューはうな重の並が1,550円、上が1,900円、特上が2,700円です。刺身もついた特選御膳3,700円もあります。
他にも、白焼きと蒲焼単品の並が1,300円など。
この日は上を注文。
東條の本店店内

東條のうなぎはしっかり蒸してあり、柔らかい関東風。箸で簡単にほぐれてしまいます。
タレは甘めで、さらっとしていてもしっかり味があります。
那珂インターチェンジ近くにも支店があり、そちらは天然ものに近いブランド鰻「うなぎ坂東太郎」を使用しているそうですが、本店のほうは特に紹介はありませんでしたが美味しい鰻でした。
持ち帰りようの鰻串も販売していて、それも安めの価格で購入できます。
鰻に御吸物と御新香がつきます 東條のうな重上

水戸で鰻を食べるならお勧めの一店ですし、有名店ですので、これから夏場は混雑する日も多そうです。

うなぎの店 東條
茨城県水戸市本町3-1-33
【営業時間】11:00~14:00、16:00~20:00 第1・3火曜、水曜定休
【駐車場】あり

ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ このエントリーを含むはてなブックマーク

スレッドテーマ:うなぎ:グルメ

2010年07月21日

津軽伝承工芸館と道の駅虹の湖公園@黒石市(青森の産直7)

盛美園こみせ通りに続き、弘前市内から黒石市方面のドライブコースや遠足コースとして定番の黒石ダム方面をご紹介。
「津軽伝承工芸館」は、黒石市の中心市街地にあるこみせ通りを模して建てられた特産品販売・飲食施設です。弘前市内から国道102号線を車で30分とかからず到着できます。
津軽伝承工芸館 こみせ風のつくりです

広場状の通りの左右に、小山せんべいの手焼き実演販売、ねぷた絵、津軽塗りといった地元の伝統工芸品を販売する工房という形で、こみせのようなつくりの施設が並びます。
この一帯は元は温湯(ぬるゆ)温泉が有名な地区ですので、足湯もあります。
もちろん、黒石やきそば・つゆやきそばのスナックコーナーもありました。あと、焼きそばまんなるものも。味は未確認。
温泉の黒石らしく足湯も 黒石つゆやきそばも食べられました

現在、津軽伝承工芸館は、ランプの宿で有名な青荷温泉のオーナーが社長を務める(株)ツガルサイコーが指定管理者となっています。
近くにはふるさと創生事業の1億円で純金のこけしをつくり、2007年に財政難のためオークションで販売してしまった津軽こけし館もありますが、純金こけしが出来た当時に訪れたきりですね。
津軽伝承工芸館は十和田湖方面に抜ける通り沿いの休憩場所として立ち寄ったりもしています。
専門店は店舗ごとに分かれています 休憩所とレストラン

津軽伝承工芸館のところが城ヶ倉大橋方面への分岐ですが、国道102号線をそのまま10分ほど直進すると、道の駅「虹の湖公園」があります。
ダム湖の虹の湖沿岸に、レクリエーション施設が整備されていて、小さいですがここにも特産品販売所と飲食施設があります。
虹の湖 道の駅虹の湖公園の設備は少なめ
設備は最低限のものですが、春から夏にかけて、日によっては津軽の「チリンチリンアイス」が買えるかもしれません。
駐車場や入口付近の路上でパラソルを見かけたら、停まってみましょう。
この日のアイスはバナナ風の味がしました。価格は定番の100円。
ソフトクリームよりもさっぱりしますし、青森といったら津軽アイスでしょう。
津軽のチリンチリンアイス シャーベット状でおいしい!

虹の湖方面までは観光で行く機会はないかもしれませんが、黒石の温泉に泊まる際の行き先候補としてどうぞ。

ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ このエントリーを含むはてなブックマーク

スレッドテーマ:道の駅:旅行

メイン